2006年8月 4日 (金)

猫パンチでも王者?(亀田疑惑の判定勝ち)

3日間の講習会から本日やっと帰還。ふうー。

さて、講習会初日(8月2日(水))の晩にTBS系で放送されていた
「WBAライトフライ級王座決定戦」を視聴したが、とんだ茶番劇だった。
亀田興毅(協栄)とファン・ランダエタ(ベネズエラ)は、互いに猫パンチの応酬を
繰り返すも、共に決定打に欠け、両者へたくそ負けの様相を呈していた。
素人が見るところの勝敗のポイントは、
  ・両者猫パンチの打ち合いで痛み分け(へたくそ負け)の様相。
  ・亀田は1ラウンドでダウンを喫していた。
  ・亀田は終盤、足元がフラフラで立っているのがやっとだった。

両者共にタイトル奪取するだけの内容はなかった。
よって、ご破算が妥当なところか。
結局、試合前から「亀田家の歴史と栄光」についての映像を長々と放送する
TBS系の思惑(視聴率)と、タイトルが欲しい亀田家の思惑が合致したことで
実現した筋書きのあるドラマ=茶番劇だったのか?

ボクシングはハングリーなスポーツだ、と言われていた頃が懐かしい。
しかし、TBS系もたいしたことないなあ。
マスコミが視聴率(=金)に媚びてどうするねん!

Banner_02_13 ←あしたはどっちだ!

| | コメント (0)

2006年7月15日 (土)

ジダンの頭突き

メディアが必要以上に煽っているジダンの頭突き騒動。
冷静に考えて、問題の本質はどこにあるのだろう?

テレビ映像から見て取れる事実は、
「ワールドカップ決勝戦で、フランス代表のキャプテン、ジネディ・ジダンが
 イタリア代表のマルコ・マテラッツィに頭突きをかました」
という部分のみ。
マテラッツィは普段から相手チーム選手に対して侮蔑的な言葉を浴びせるとか、
決勝戦で再三にわたりジダンやジダンの家族を侮辱する言葉を吐いていたとか
については、実際のところよくわからない。

ここではマテラッツィが暴言を繰り返し吐いていたとしよう。
それでも私は、ジダンには思いとどまって欲しかった。
ジダンほどの一流選手なら、堪えるべきだった。

紳士的なスポーツ選手なんてほんの一握り、技量は優秀でも品のない下衆は多い。
そんな輩の挑発に乗ってはいけない。
下衆の口車に乗ったせいで、結局フランスは負けてしまった。
まさにこれこそ、マテラッツィの狙いなり!

マテラッツィが英語で言ったのかフランス語で言ったのかイタリア語で言ったのか
知らないが、だいたいもって、英語圏の言葉には口汚い表現が多い。
特に悪態をつく時に出る言葉。
例えば、"son of the bitch(SOB)"=「野郎、下衆、畜生」と訳されるが、
これって直訳すれば「あばずれ女の息子」でしょ。
マテラッツィが自分に対して「畜生!」と悪態をついたのを、
たまたま通りがかったジダンが自分に対して向けられた言葉だと誤解した可能性も
否定できない。

報復を肯定するのも否定するのもやめよう。
頭突き問題は「両者へたくそ負け」の様相を呈した問題である。
ジダンならびにマテラッツィの両者を成敗すればよい。

Banner_02_8 ← 一流選手による世界一決定戦の幕切れがこの体たらくとは......。
            サッカーちゃんよ、精進せいや! 喝!

| | コメント (0)

2006年6月25日 (日)

国内で敵なし、ディープインパクト!

雨の中の第47回宝塚記念はディープインパクトの圧勝で幕を閉じた。
ライスシャワーの悲劇以来の京都開催となった本レースに魔物は棲んでいなかった。
圧倒的人気を背負った4冠馬ディープインパクトは、道悪をものともしない
大きなストライドと力強い足取りで他馬を圧倒して5冠を達成した。
強い。恐ろしく強い。サンデーサイレンス産駒の中でも究極の出来。奇跡の駿馬。
さあ、これでいよいよ凱旋門賞だ!
彼と武豊ならきっと偉業を成し遂げてくれることだろう。
世界を駆け抜けろ! ディープインパクト!!

Banner_03_20 ←世界中に強烈な衝撃(ディープインパクト)を与えろ!

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

今日の屈辱に堪えろ! 日本

ワールドカップ予選の対ブラジル戦、1-4で日本は敗北した。
やはりブラジルは強かった。
予想どおりの結果であったが、日本は健闘したと思う。
玉田のシュートはすばらしかった。あのブラジルからよく1点取った。

これで1次リーグで敗退となってしまったが、しかたない。
これが現在日本の実力だ。
今日の屈辱に堪え、明日の復活に向けて精進してもらいたい。
頑張れ、日本!

Banner_03_18 ←また、いちから出直しだ!

| | コメント (0)

2006年6月22日 (木)

大丈夫か? 日本

ワールドカップ、明日(日本時間23日4時)のブラジル戦では善戦してもらいたい。
万にひとつ、いや億がひとつも勝ち目はないと思うが、サムライらしく
最後まで戦って欲しい。
(冷静に考えて0-3ぐらいかな? いや、最悪4~5点取られるかもしれない。)

散る(負ける)にしても、日本らしさを世界に知らしめて欲しい。
滅びの美学、大和魂ここにあり! ってところか?

ところで、マスコミが流すワールドカップぼけしたサポーターの映像を見ていると
日本の行く末に不安を覚える。大丈夫か?
ここまで舞い上がった状況を見るにつけ、もしかしたら政府とマスコミが結託して
大衆を扇動しているのではないか、と思えてくる。
来るべきその日に向けて、思想統一された大衆をマインド・コントロールするための
シミュレーションをしているのではないだろうか、と。
杞憂に終わればよいが......。

Banner_03_17 ←冷静に戦況を分析して応援できないサポーターは×(ぺけ)!

| | コメント (0)

2006年6月13日 (火)

日本無念、対オーストラリア戦敗北

ワールドカップ1次リーグ初戦、日本はオーストラリアに負けてしまった。
前半26分、中村俊輔の先制ゴールで得た1点のリードを守っていたものの、
後半39分に同点ゴール、さらに後半44分に連続ゴールを決められ逆転......。
結果、1-3で敗北を喫した。
素人の私には、サッカーの技術的なことや勝負のかけひきなどわからないが、
ひとつだけ言えることは残念で悔しいということ。無念......。

選手たちはこれにくさらないで、次のクロアチア戦には気分を切り換えて
臨んでいただきたい。

Banner_01_3 ←頑張れ日本! あきらめるな日本! 奇跡を起こせ日本!

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

ワールドカップ「日本×オーストラリア」キックオフ!

本日、2006 FIFA ワールドカップ・F組「日本×オーストラリア」テレビ観戦のため
ブログ更新をお休みいたします。(ナンチッテ)
頑張れ日本!!

Banner_03_10日本、シュート&ゴーーーーーーーール!

| | コメント (0)

2006年4月30日 (日)

ディープインパクト、天皇賞・春を制す!

好天に恵まれた4月30日の京都競馬場・芝3200m、出走17頭で競われた
第133回天皇賞・春は、三冠馬ディープインパクト(単勝1.1倍)が制した。
1997年にマヤノトップガンが記録したJRAレコードを1秒更新する
3分13秒4の圧勝劇であった。
これで戦績は10戦9勝となり、皐月賞、日本ダービー、菊花賞と併せたG1も4勝目。
武豊騎手は天皇賞9勝目(春6勝、秋3勝)、
池江泰郎調教師は4月に急逝した1992年メジロマックイーン以来の3勝目。
天皇賞男、武豊はスゴイ!
  天皇賞・春:1989年 イナリワン
          1990年 スーパークリーク
          1991年 メジロマックイーン
          1992年 メジロマックイーン
          1999年 スペシャルウィーク
          2006年 ディープインパクト
  天皇賞・秋:1989年 スーパークリーク
          1997年 エアグルーヴ
          1999年 スペシャルウィーク

スタートで出遅れたものの、道中は落ち着いた走りで、第3コーナー上りで一気に
トップへ進出し、第4コーナー下りを一気に駆け下りた。
京都の魔の坂はゆっくり駆け下りろ、という暗黙の鉄則に挑んだかたちとなったが、
スピードが鈍ることもなくそのままトップでゴールを駆け抜けた。
いよいよこれで世界へと進出していくことになる。
最終目標は凱旋門賞制覇だ!
頑張れ、ディープインパクト!

| | コメント (0)

2006年3月25日 (土)

王ジャパン世界一!

日本時間3月21日からちょっと間があいたけど、王ジャパン世界一おめでとう!
キューバを完全に圧倒(10-6)した見事な優勝に、日本中は歓喜に沸いたよ!
参加国中随一のチームワークだったのではないだろうか?

対米国戦、デビッドソン球審の誤審による敗北。
対韓国戦に連敗を喫するという屈辱的な状況だった予選。
いつもはクールなあのイチローが、あれほどまで闘志溢れる言動を見せることも
めずらしかった。
「艱難汝を玉にす」と言うが、これら苦境があって王ジャパンは
一枚岩に成り得たのではないだろうか?
我々日本国民のみならず、世界の人々に感動を与える素晴らしいチームだった。
どこかの国のように大砲を並べたチームではなく、先頭からしんがりまで
とてもバランスがとれていた。

神の右手、好走と好守、川崎。
チームを引っ張る4番の風格とガッツあるプレイ、松中。
ピンチの時こそ能力を発揮し、頼りになる男、福留。
上原・松坂・大塚ら投手陣による絶対防衛ライン。
そして、攻走守の要、クールな中にも野球少年のような熱き心を持ったイチロー。
その他の選手もみな、素晴らしい野球人でサムライだった。

一流の選手たちが少年の頃のように熱い心で野球をするその姿に、
我々も熱く感動したのだと思う。ああ、野球はやっぱりいい。
フィールド・オブ・ドリームスを想い出した。

最後にもう一度、王ジャパン世界一おめでとう!
そして、世界に感動をありがとう!

| | コメント (0)

2006年3月19日 (日)

韓国を撃破! 王ジャパン!

Revenge of the "OH JAPAN"
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝,
日本は韓国を6-0で撃ち破り、見事に決勝進出を決めた。
WBCでは2連敗だった韓国に対し、三度目の正直での悲願達成であった。
良かった。ほんとうに良かった。
王ジャパンの選手たちに心から感謝の意を表したい。ありがとう!
あなたたちは、日本の野球を愛する我々にとって誇りある存在だ!

残るはアマチュア野球の雄、オリンピック常勝チームのキューバ。
頑張れ日本! 負けるな王ジャパン!

| | コメント (1)