2006年10月14日 (土)

銀河鉄道物語

COMPLETE DVD-BOXで銀河鉄道物語(The Galaxy Railways)の第1シリーズを視聴。
良かった。

本作は、松本零士の銀河鉄道シリーズ延長上にあるアナザーストーリイ。
運命に立ち向かう、力強い意志を持った人たちのドラマ。
少年の成長を軸とする本編ドラマ(まさに王道!)の中で
インターミッション的なエピソードの存在がまたおもしろい。
第11話「慕情」、第12話「黄昏」、第19話「静謐の刻」などがそれにあたるが
出来がとても良い。
これらのエピソードがキャラクターたちの人物像に厚みを持たせ、
本編クライマックスへの想い入れをさらに深めることになる。
特に第12話「黄昏」は、懐かしくて、感傷的で、何度見ても涙してしまう。
涙腺が弱くなったのかな?

しかし、"ささきいさお"の歌はいいねえ。
オープニングは力強く、エンディングはしんみりと。
ドラマを締める、いい曲だ。

<サブタイトル>
  第1話「旅立ち」
  第2話「時の結び目」
  第3話「運命の動輪」
  第4話「永遠という名の…」
  第5話「ビッグワン強奪」
  第6話「闇の慟哭/前編」
  第7話「闇の慟哭/後編」
  第8話「残照」
  第9話「記憶の回廊」
  第10話「分岐点」
  第11話「慕情」
  第12話「黄昏」
  第13話「運命列車」
  第14話「絆」
  第15話「共同戦線」
  第16話「セクサロイド」
  第17話「鎧の女神」
  第18話「死活」
  第19話「静謐の刻」
  第20話「選択」
  第21話「背反」
  第22話「無常の凬(かぜ)」
  第23話「非常なる裁定」
  第24話「燃える銀河」
  第25話「命の谺(こだま)」
  第26話「遥かなる想い」

銀河鉄道物語 DVD-BOX DVD 銀河鉄道物語 DVD-BOX

販売元:エスピーオー
発売日:2005/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_03_54 ←銀河鉄道は遥かなり

| | コメント (1)

2006年8月14日 (月)

MAJOR(メジャー)最終回!?

もちろん、原作のことではありません。
今夜未明放送予定(8/15 01:10-02:30)の第1シリーズ集中再放送のこと。
つまり、第24話~第26話。
  ◆第24話「追いつけ! 追い越せ!」
  ◆第25話「みんなで一緒に」
  ◆第26話「さよならは言わない」
横浜リトルとの死闘の結末は?
寿也との勝負の結果は?
三船リトルと吾郎はいったいどうなるの?

再放送であることと、原作59巻を読破した今となっては○○ですが、
久しぶりに熱くなれる野球マンガ。
第1シリーズフィナーレを楽しみたい。

Banner_03_40 ←頑張れ、三船リトル!(って、だから結末知ってるってばー)

| | コメント (0)

2006年8月13日 (日)

MAJOR(メジャー)読破中!

マイブームが次なるステージに進行。
大人買いしてただいま47巻を読んでいるところ。
高校野球が終わり、吾郎がメジャーへの挑戦を決意するあたり。
まだまだ先は長いぜ!

Major―Dramatic baseball comic (1) Book Major―Dramatic baseball comic (1)

著者:満田 拓也
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Major―Dramatic baseball comic (51) Book Major―Dramatic baseball comic (51)

著者:満田 拓也
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Major―Dramatic baseball comic (54) Book Major―Dramatic baseball comic (54)

著者:満田 拓也
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Major―Dramatic baseball comic (57) Book Major―Dramatic baseball comic (57)

著者:満田 拓也
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Major―Dramatic baseball comic (59) Book Major―Dramatic baseball comic (59)

著者:満田 拓也
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_03_39 ←うなれジャイロボール!

| | コメント (2)

2006年8月12日 (土)

MAJOR(メジャー)再放送中!

MAJOR(メジャー)の再放送視聴が密かなマイブーム!
第1シリーズ集中放送は今晩(8/13 02:10-03:05)第19話と第20話。
今週は高校野球のため、第2シリーズ再放送は来週(8/19 18:00)に第9話。
野球への熱い感情を呼び覚ます内容に、プチ感動!

第1シリーズ主題歌の「心絵」もなかなかいい曲。
歌詞の内容もいいし、メロディが熱く力強い。
もう少し素直にうたって欲しい点が、私の好みとはズレるところだけど。

心絵 Music 心絵

アーティスト:ロードオブメジャー,HEARTs
販売元:ジャンク ミュージアム
発売日:2004/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さて、昨夜(今朝未明)に録画撮りした第16-18話を見るとするか。

Banner_03_38 ←夢の舞台へ駆け上がれ!

| | コメント (3)

2006年4月13日 (木)

花よりも花の如く

昨日やっと「花よりも花の如く(成田美名子)」第4巻を読み終えた。
よかった。あいもかわらず、おもしろい内容だった。
「「自分は絶対だ」と思うことこそ一番良くない」というくだりは特に印象的だった。

「花よりも花の如く」は、若き能楽師・榊原憲人を主役に据えて
「能」の世界を素朴に描いた作品。
成田らしい人物造形の深さとストーリイ展開の妙がおもしろい作品だ。
一読をお薦めします。

花よりも花の如く 4 (4) Book 花よりも花の如く 4 (4)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年2月 4日 (土)

夕凪の街 桜の国

「夕凪の街 桜の国」(こうの史代著)を読んで。

ポツダム宣言受諾によって戦争は終わったが、原爆によって傷つけられた
市井の人々は何十年の時を経ようと完全に癒されることはない。
原爆によって負わされた物理的な「傷」は、心に受けた「傷」とともにゆっくりと、
しかし確実に主役たちを苦しめていく。
作者はそのありさまを丁寧に描写し、我々の心に静かに訴えかけてくる。
派手さはないが、戦争・原爆・それに苦しむ人々のありのままを真摯に描いている
佳作だと思う。

忘れてはならない。
いかに理由があろうとも、国家(国民)の思惑や都合を大義名分(正義)に
すり替えてはならない。
そのような利己的な理由で動いてはならない。
また、正義を振りかざす国に対しては教え諭さなければならない。
二度と同じ過ちを引き起こさないために。

夕凪の街桜の国 Book 夕凪の街桜の国

著者:こうの 史代
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6)

2006年1月 8日 (日)

「エイリアン通り」(成田美名子)

成田美名子作品の最高傑作!
成田は絵もうまいけど、ストーリイテラーとして、
キャラや物語の設定・構成・展開のさせ方がうまい。
ストーリイの骨格がしっかりしているので少々脱線気味に話しをすすめても
ブレることがない。
シリアスなシーンとコミカルなシーンとのつなぎ方やバランスが絶妙で、
とてもテンポのよい運びは読者を退屈させない。

アラブ某国の石油相にして次期首長候補(最終話で首長に)を父に持つ主人公
シャール・イダニス・モルラロールを主人公に彼を取り巻く人々との顛末を描いていく。
当時、米国映画エイリアンが流行っていたこともあっての題名とは思うが、
本歌取りで見事に成田流のドラマを構築しているのはさすが。
題名にだまされてはいけません。
"エイリアン"という概念をテーマに据えて、シャールたち"エイリアン同士"は
本当の仲間になっていく。
最終話では、拉致されたシャール救出作戦の際に、切り札としてセレムが真顔で
「だいじょうぶ。これがあります」と取り出す「中国花火」、
そして花火をきっかけに「合図だ!」とのり込むジェルを中心とした仲間たち。
感動の場面だった。
最終話のこのシーンはとても印象的で、いちばん好きなシーンでもある。

シャールの生立ちは複雑で、今は亡き母親は元英国美人女優のシェリル・ドレイク。
彼は母から金髪碧眼と絶世の美貌を受け継ぐ(女の子以上に美人に化けたりする)。
そしてナイーヴな一面も...。
反首長派との権力争いなど、金髪で目立つシャールは生命の危険にさらされやすい
のもあって、舞台の中心は留学先のアメリカ西海岸。
頭脳明晰な彼は既に16歳にしてロスの大学生(スキップ)。
大富豪の子息であるシャールの邸宅には、執事以外にもいろいろな同居人や
仲間たちが集まってくる。

・執事/バトラー:シェリルの執事だったがそのままシャールに侍従。やさしく包容力あるナイスミドル。
・同居人/川原翼(女):シャールに拾われてきた。自己を探求し確立していく。
・同居人/ジェラール(通称ジェル):裏表ないストレートな性格。シャールの性格修正に彼の影響力は大きい。
シャールの家庭教師兼父の補佐(後に同居)/セレム:静かな中に強さを秘めた男。彼自身も成長し変わっていく。

ゲストキャラも含めて、その他にも魅力あるキャラクターたちが目白押し。
それぞれのキャラたちが、自分なりに成長し自分を確立していく過程が丁寧に
描かれていてとてもおもしろい。時に共感し、時に笑い、時に涙し、
読者も自分について考えさせられる物語となっている。
セレムの「迷いのある者は木の下にゆけ」など、奥の深い台詞が散りばめられている
のも魅力。

クライマックス、王位継承者として正式に名乗りを上げ王族の前に姿を表すシャール。
次代の首長を目指すシャールの力になることを、ひとりの親友としても誓うセレム。
父と同じく不偏不党のジャーナリストを目指すジェル。
自分を取り戻し家族の元へと帰る翼。
みんなバラバラになってしまうが、いつでもロスのシャール邸に集まることはできる。
普段一緒にいなくてもお互いの心の絆は出会った頃とは比べものにならないことを
再認識するシャール。
心に残る素晴らしいエンディングだった。

各エピソード(ストリート)の題名が映画の題名をパロディにしたものになっていて、
それもおもしろくて味わい深い。
現在入手できる文庫版で紹介していくと、

第1巻
1st.真夜中のカーボーイ
2st.アラビアより愛をこめて
(番外編)ロスの魔法使い
(予告編)エイリアン通り
解説:高千穂遙

第2巻
3st.夜ごとの魔女
4st.掠奪された1人の花嫁
シャール通信
解説:鈴木結女

第3巻
5st.鷹は舞いおりた
6st.親父が出てきた日
シャール通信
解説:波多野鷹

第4巻
7st.この家の鍵貸します
8st.翼よあれが郷里の灯だ
(特別編)フィリシア
シャール通信
解説:平井和正

本編のおもしろさは言うまでもないが、番外編「ロスの魔法使い」や「フィリシア」も
ハートウォーミングで素晴らしいエピソード。ウルウルしてしまう。
ぜひ一度読んでいただきたい。

現在連載中(?)の"能"の世界を描いた「花よりも花の如く」も要注目。

Book エイリアン通り(ストリート) (第1巻)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book エイリアン通り(ストリート) (第2巻)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book エイリアン通り(ストリート) (第3巻)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book エイリアン通り(ストリート) (第4巻)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)