« もうすぐ最終回! チャングムの誓い | トップページ | ROVAのペンケースとメモカバー »

2006年11月 3日 (金)

「営利目的」罷り通る

文化の日にこんなこと書くのも情けないけど……。
広義に解釈するところの「営利を目的とする行為」が日本中を罷り通っている。
本来在るべき姿を忘れて、目先の得になるかどうかのみで判断し
必要最小限の努力で最大の効果を得ようとする行いの数々。
効率を重視することは元々悪いことではないが、
己のあさましい欲望を満たすためだけというのは情けないなあ。
寄り道を楽しむ余裕があってもいいのになあ。
  ・必修科目履修を偽装し、受験科目に絞り込んだ教育。
  ・儲けの出る事業と地域に偏重することが旗印の郵政民営化。
  ・手抜きによるコスト低減を是とする耐震強度偽装建築。
For profit!
他にもいろいろあるけど、なんともねえ。
成果重視も度が過ぎると愚かな行為が繰り返されるばかりで、
それを目の当たりにするこちらはどんどん暗い気持ちになってくる。
ふうー。('ε';

偉そうなことを言っている私自信もしっかり毒されているわけだけど、
もっと大局を捉えた生き方を志せないものかなあ……。
なんて、ちょっと考えちゃった。

Banner_02_16 ←「効率重視」って、とどのつまり究極の「営利目的」であり
           「私利私欲」を追求しているだけじゃん、と思われる方ポチッと。

|

« もうすぐ最終回! チャングムの誓い | トップページ | ROVAのペンケースとメモカバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。