« 涼月 | トップページ | 闇の誘いと光明 »

2006年9月10日 (日)

折れるな、ココロ

人生をそれなりに生きてくると、ただやみくもに突っ走ることは減り、
逆に、反芻してばかりで前に進めないことが多くなってくる。
いったい自分は、今、何をやっているのか?
これから何をやっていきたいのか?
こんなことでいいのか?
懐疑的な思考の螺旋にはまってしまうと、ますます進まなくなってしまう。

そんなとき、自分に言いきかせる。
自分という存在は、自分以上でも自分以下でもない。
今ここに在る、ありのままの自分を受け容れるしかない、と。
そこからしか次には進めないのだ、と。

どうも最近、滅入ることが多く、弱気になっている自分。
心が折れてしまいそうな状態に在る自分。
平静を維持することって、けっこう微妙なバランスの上に成り立っているのだなあ。

自分に対しても、他人に対しても、
ありのままを受け容れる心の広さと懐の深さを持ちたい、
と思う今日この頃。

Banner_01_8 ←愚痴にお付き合い、ありがとう。

|

« 涼月 | トップページ | 闇の誘いと光明 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。