« 人のふり見て我がふり直せるかな? | トップページ | 涼月 »

2006年9月 3日 (日)

自分の脚で歩くこと

今日の昼どきは家内と一緒に少しだけ散歩。
自宅から嵐山の渡月橋まで、途中のみやげもの屋さんを覗きながら
のんびり気ままに小一時間のウォーキング。下駄を履いて、カランコロン、と。
抹茶とほうじ茶のミックスソフトクリームを食した後、
嵐電(らんでん:京福電鉄嵐山線)の嵐山駅の足湯(150円/人)に浸かって休憩。
帰りは嵐山→嵯峨駅前→鹿王院を嵐電に乗って優雅に帰還。
昼ごはんは「冷たいそば」で爽やかに済ませ、3時にはコーヒーブレイク。
アイスコーヒーに最適の「アフリカの夜(by カフェタイム)」を
手動ミルで挽いて味わう。

自分の脚で、自分のペースで、周りの風景をながめながら歩くことって大事だな、
とつくづく思う。
車での移動は便利で楽だけど、途中で道草を食う楽しみがない。
おや、こんなところにこのような店がいつの間に、とか、
おお、新しくてきれいな家が知らない間に建っている、とか発見することが多い。

自分のやり方や自分のペースを見直す意味でも、
自分の脚で歩くことは大切なのではないか、と思う今日この頃。

Banner_03_45 ←走るのは疲れるけど、歩くのならドンとこい!?

|

« 人のふり見て我がふり直せるかな? | トップページ | 涼月 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。