« 阿弥陀堂だより | トップページ | 関牧翁の言葉 »

2006年9月30日 (土)

猫は悩まない

「猫は悩まない 極楽に生きる処方箋」(板橋興宗著/時鐘舎)を読んだ。

猫は悩まない―極楽に生きる処方箋 Book 猫は悩まない―極楽に生きる処方箋

著者:板橋 興宗
販売元:時鐘舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

物質文明に毒された考え方に囚われるのではなく、日本人に古来より備わっていた
自然と共に生きる心・精神を取り戻すことの大切さを説いた一冊。
平易な語り口調で書かれているので、読み終えるのにそんなに時間はかからない。
30分~1時間もあれば十分。
しかし、それと反比例した重みのある内容にあらためて考えさせられる。

欲望(物質文明)に支配されることなく、志を高く持って、
ありのままを受け容れて生きてゆく姿勢を想い起こすこと。

近頃、自分の中で曖昧模糊としていた想いが少しずつ具体的な考えに
まとまりつつあるが、それらが凝縮して出来上がった結晶を本著に見る思いがした。

たまたま本屋パトロールの際に「目が合った」本だけど、良い本に出会えて満足。

Banner_03_52 ←次の十五夜は10月6日だ!

|

« 阿弥陀堂だより | トップページ | 関牧翁の言葉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。