« 首都大停電の謎 | トップページ | 五山送り火(鳥居形) »

2006年8月15日 (火)

終戦記念日

終戦記念日の8月15日に、奇人:コイズミ君(内閣総理大臣 小泉純一郎)は
靖国神社を公人として参拝したそうな。

靖国神社をどう考えるかについては、政治的な背景を含めて人それぞれであり、
うちのようなブログで取り扱う気はない。
ただ、コイズミ君の感覚って不可解でよくわからない、やっぱり奇人なのかな?
ということだけを取り上げたい。

不思議ちゃんコイズミ君は、
「あえて15日を避けて参拝してきたが、いつも批判、反発がある。
 いつ行っても同じ。ならば今日は適切な日ではないかと判断した」
らしい。
これって、トラブルを避けたい普通常識人の感覚からすれば、参拝するとしても
最も問題視されるであろう15日(終戦記念日)は避けるのが普通。
不思議ちゃんのすることはよくわからない。
彼の狙い「適切な日」の言わんとするところは、アジアの隣国にケンカを売ってやる
ということか?
いずれにしても、彼には国家主席をまかされるだけの器量も国際感覚もない。

Banner_02_14 ←人気先行で中身のなかったハリボテさん?

|

« 首都大停電の謎 | トップページ | 五山送り火(鳥居形) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。