« 市場競争至上主義 | トップページ | 太平洋高気圧、いらっしゃい! »

2006年7月17日 (月)

冷たい方程式(The Cold Equations)

ストーリイの骨子を知っているくせに、実際に読んだことがなかった作品。
「冷たい方程式」(トム・ゴドウィン著/伊藤典夫訳)~早川書房

Book 冷たい方程式

著者:トム・ゴドウィン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自宅本棚を探しても見つからなかったので、やはり読んでいないことに気付いて
bk1に注文していたのだが、本日届いた。
文庫本背表紙の惹句を引用すると、
「ただ一人の乗員を目的地まで届ける片道分の燃料しかない緊急発進艇に
 密航者がいたとしたら、パイロットの取るべき行動は一つ――船外遺棄!
 だがそれが美しい娘で、たった一人の兄に会いたさに密航したのだとしたら?
 SF史上に残る記念碑的名作「冷たい方程式」ほか、......(中略)......
 よりすぐった6中短篇を収録した待望の傑作集!」

今晩の睡眠導入剤は「冷たい方程式」に決定!
果たして自分の中で「方程式」を解くことはできるか?

Banner_03_29 ←最後までおつきあい、ありがとうございます。ポチッと。

|

« 市場競争至上主義 | トップページ | 太平洋高気圧、いらっしゃい! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。