« 顔つき | トップページ | 図解 フィンランド・メソッド入門 »

2006年6月19日 (月)

モノを大切にする心

亡くなった父が私たち家族に遺してくれたものについて考えた。
父は贅沢を好まず(小市民的な贅沢は除くが)、お気に入りの愛用品を大事に
使う人だった。
新式を全て否定していたわけではないが、AT車は好まずMT車に乗る人だった。

子供のころに太平洋戦争を経験した父は、私にはとうてい量り知ることのできない
さまざまな体験をしたことだろう。
価値観が根底から崩れる激動の戦後を経て、高度経済成長を通過し、、
市場競争至上主義、黄白万能主義の時代へと歩んできたわけだ。
その中で、ひとつの答えとして「モノを大切にする心」を得たのかもしれない。
モノ(物・者)を大切にする心。やさしい「こ・こ・ろ」を。

Banner_03_15 ←対クロアチア戦引き分け、サムライブルー(憂鬱)。

|

« 顔つき | トップページ | 図解 フィンランド・メソッド入門 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。