« モノを大切にする心 | トップページ | 大丈夫か? 日本 »

2006年6月21日 (水)

図解 フィンランド・メソッド入門

図解 フィンランド・メソッド入門 Book 図解 フィンランド・メソッド入門

著者:北川 達夫,フィンランドメソッド普及会
販売元:経済界
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国際統一テスト(OECD)読解力部門で2000年、2003年と連続1位を獲得した
フィンランドの教育の秘訣が紹介されている1冊。
帯には
「競争でもない。ゆとりでもない。詰めこみでもない。放任でもない。
 小学生から大人まで学ぶべき本当の教育がここにある。
 マインド・マップで頭の働きを活性化!

と書かれている。
フィンランドの教育現場で用いられている手法を5つのメソッド
①発想力 ②論理力 ③表現力 ④批判的思考力 ⑤コミュニケーション力
で分析し、子供から大人までだれでも簡単に身につけることができるよう解説。
日本にはない、とてもユニークな方法であり、すばらしい教育メソッドだ。

北欧の国策のすばらしさには前から注目していたが、教育の姿勢や体制が
日本とここまで異なるとは、正直驚いた。大変勉強になった。

世界で通用する国際人を育成するために、小学校5年生から英語教育を義務付ける
などと馬鹿なことを言っている輩にぜひとも読んでいただきたいものだ。
母国語による論理的思考がまだできていない発展途上の人間が、他国語の勉強を
早く始めたところで上達するわけがない。
自転車に乗れない人に対して、こっちの方がスピードが出るからと
バイクに乗せるようなものだ。変な譬えになってしまったが......。

Banner_03_16 ←日本の教育にもフィンランド・メソッドを取り入れよう!

|

« モノを大切にする心 | トップページ | 大丈夫か? 日本 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。