« 白洲正子"ほんもの"の生活(新潮社) | トップページ | 「山月記」~孤高の虎~ »

2006年5月23日 (火)

戦後最悪の移民計画

報道ステーションで「日系ドミニカ移住訴訟」が取り上げられていた。
戦後最悪の移民計画と言われたドミニカ移住は、楽園を夢見た日本人に
償うことのできない悲劇を与えた。
祖国である日本に裏切られた移住者たちの気持ちは量りしれない。
心の拠りどころとしていた祖国から見捨てられた悲しみは、いくばくのものか?

思わず憤りをおぼえた。
国をあげての移民事業を指して、国策ではないなどと苦しい言い逃れをするな!
国家的規模でペテンにかけたことを認めろ!

来月6月7日に「祖国の裏切り」に対する一審判決が下される。
くしくも、7月29日は日本人最初のドミニカ移住からちょうど50年にあたる。
明るい気持ちで迎えることができればよいのだが......。

Banner_02_2 ←怒りの鉄拳をひとつお願いします!

|

« 白洲正子"ほんもの"の生活(新潮社) | トップページ | 「山月記」~孤高の虎~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。