« 最期の桜 | トップページ | 小説家を見つけたら »

2006年4月13日 (木)

花よりも花の如く

昨日やっと「花よりも花の如く(成田美名子)」第4巻を読み終えた。
よかった。あいもかわらず、おもしろい内容だった。
「「自分は絶対だ」と思うことこそ一番良くない」というくだりは特に印象的だった。

「花よりも花の如く」は、若き能楽師・榊原憲人を主役に据えて
「能」の世界を素朴に描いた作品。
成田らしい人物造形の深さとストーリイ展開の妙がおもしろい作品だ。
一読をお薦めします。

花よりも花の如く 4 (4) Book 花よりも花の如く 4 (4)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 最期の桜 | トップページ | 小説家を見つけたら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。