« 刑事魂 & THE CHOIRBOYS | トップページ | 花よりも花の如く »

2006年4月12日 (水)

最期の桜

先週から今週にかけて、満開の桜が京都の街を彩った。
四条通りを横切る天神川沿いの遊歩道に植えられた桜も、
今年いちばんの美しさで訪れる人を魅了した。

華やかな春の風物ではあるが、同時に、桜は出会いと別れの象徴でもある。
美しく咲き誇った花も、いずれは散りゆくのが定め。無常。

2006年(平成18年)4月4日21時04分、最愛の父が亡くなった。
父は、土となって大地に還り、風となって空に舞い上がった。
父という「一」の存在は、森羅万象という「全」の存在に昇華した。

|

« 刑事魂 & THE CHOIRBOYS | トップページ | 花よりも花の如く »

コメント

色々お疲れ様でした。
うちのおちびは「おじいちゃん、どこから見てるのかな?」とキョロキョロしています。
「おばあちゃん一人で寂しくないかな?」とも言っています。もう少し大きくなったら姉弟でバスで遊びに行けるようになるだけどね。

投稿: ピッコロ大魔王 | 2006年4月13日 (木) 00時20分

どもども。
おばあちゃんには長生きしてもらわないとね。
「ちびちゃんず」の結婚を見届けないかん、
と言ってあるので、少なくとも20年は頑張ってもらう計算になります。
そのぐらいしぶとく、楽しく、過ごしていって欲しいものです。

投稿: たお | 2006年4月13日 (木) 20時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 刑事魂 & THE CHOIRBOYS | トップページ | 花よりも花の如く »