« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

ディープインパクト、天皇賞・春を制す!

好天に恵まれた4月30日の京都競馬場・芝3200m、出走17頭で競われた
第133回天皇賞・春は、三冠馬ディープインパクト(単勝1.1倍)が制した。
1997年にマヤノトップガンが記録したJRAレコードを1秒更新する
3分13秒4の圧勝劇であった。
これで戦績は10戦9勝となり、皐月賞、日本ダービー、菊花賞と併せたG1も4勝目。
武豊騎手は天皇賞9勝目(春6勝、秋3勝)、
池江泰郎調教師は4月に急逝した1992年メジロマックイーン以来の3勝目。
天皇賞男、武豊はスゴイ!
  天皇賞・春:1989年 イナリワン
          1990年 スーパークリーク
          1991年 メジロマックイーン
          1992年 メジロマックイーン
          1999年 スペシャルウィーク
          2006年 ディープインパクト
  天皇賞・秋:1989年 スーパークリーク
          1997年 エアグルーヴ
          1999年 スペシャルウィーク

スタートで出遅れたものの、道中は落ち着いた走りで、第3コーナー上りで一気に
トップへ進出し、第4コーナー下りを一気に駆け下りた。
京都の魔の坂はゆっくり駆け下りろ、という暗黙の鉄則に挑んだかたちとなったが、
スピードが鈍ることもなくそのままトップでゴールを駆け抜けた。
いよいよこれで世界へと進出していくことになる。
最終目標は凱旋門賞制覇だ!
頑張れ、ディープインパクト!

| | コメント (0)

2006年4月29日 (土)

黄金週間に突入!

Amazonに予約注文していた「チェオクの剣」のDVD-BOXが昨日届いた。

チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産) DVD チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は新しい眼鏡を注文し、新しい礼服と革靴2足(カジュアルなものと黒革)と
ジャケットと靴下を購入した。
この二日間で、庶民にとっては大枚が消えてしまったわけだが、肝心のモノの方は
なかなか気に入った品が見つかって満足。

ゴールデン・ウィーク初日から景気のいいスタートになってしまったが、
明日は家でのんびりと過ごす予定。
散らかった部屋の片づけをして、新聞を切り抜き、積読状態の本を読み、
「チェオクの剣」をあらためて鑑賞していこうかな。

| | コメント (0)

2006年4月24日 (月)

4代目PCは素直な子?

ただいま4代目を調教中(各種設定や旧PCからプロファイルを移植中)。
いろいろ面倒なこともあったが、なんとかヤマは越えた感じ。
あとは時間をかけて、チマチマとお気に入りの設定に修正していけばよい。

4代目!
今回の新しいPCは、個人所有のものとしては4代目にあたるのだ。

  初 代:SHARP X-1 turbo Z  <クロイツェル>
   ↓
  2代目:Apple Macintosh Performa 5210  <スコット>
   ↓
  3代目:FUJITSU FMV-BIBLO NE VIII 23X  <ロバート>
   ↓
  4代目:FUJITSU FMV-BIBLO NB50SZ  <マックイーン>

当時のイメージを思い出して、適当に愛称<名前>をつけてみた。
4代目は、先日急逝したメジロマックイーンから名前をいただいた。
安らかに...。合掌。

| | コメント (0)

2006年4月22日 (土)

新しいPC

長年愛用してきたPCの老朽化への対応について、以前から思案していたが
本日ついに決断を下した。
もってまわった言い方はやめよう。要するに新しいPCを購入したのだ。

  旧PC:富士通 FMV-BIBLO NE VIII 23X (Windows 98)
   ↓
  新PC:富士通 FMV-BIBLO NB50SZ (Windows XP)

数年の間に驚くほどスペックは上がったのに、売価はかなり安くなってきている。
買い易くなったことはうれしいことだが、高性能化の歩みが早すぎて
道具としてのありがたみには欠ける。
情報機器は、所詮、ただの消費材で、匠の逸品にはなり得ぬか...。

| | コメント (0)

2006年4月21日 (金)

小説家を見つけたら

ショーン・コネリー主演の映画「小説家を見つけたら(FINDING FORRESTER)」を紹介。

バスケットボールのプロ選手を目指す高校生のジャマール(ロブ・ブラウン)は、
廃屋のようなアパートで外界とは隔絶した人生を送っている老人と出会う。
その老人は、ピューリッツァー賞に輝いた一作だけを残して40年前に文壇から
忽然と姿を消した大作家、フォレスター(ショーン・コネリー)であった。
ジャマールの中に優れた文才を感じたフォレスターは、ジャマールの才能を磨き
指導する師となると同時に、自分自身も、閉ざしていた己の心と向き合うことになる。
老練な幻の大作家と、才能と希望に溢れる少年との交流をあたたかく描いた秀作。

ショーン・コネリーの絶対的な存在感がすごい!
彼は、老いてますます魅力的な俳優であり、人物であると思う。
彼のように年齢を重ねていきたいものだ。

小説家を見つけたら DVD 小説家を見つけたら

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月13日 (木)

花よりも花の如く

昨日やっと「花よりも花の如く(成田美名子)」第4巻を読み終えた。
よかった。あいもかわらず、おもしろい内容だった。
「「自分は絶対だ」と思うことこそ一番良くない」というくだりは特に印象的だった。

「花よりも花の如く」は、若き能楽師・榊原憲人を主役に据えて
「能」の世界を素朴に描いた作品。
成田らしい人物造形の深さとストーリイ展開の妙がおもしろい作品だ。
一読をお薦めします。

花よりも花の如く 4 (4) Book 花よりも花の如く 4 (4)

著者:成田 美名子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月12日 (水)

最期の桜

先週から今週にかけて、満開の桜が京都の街を彩った。
四条通りを横切る天神川沿いの遊歩道に植えられた桜も、
今年いちばんの美しさで訪れる人を魅了した。

華やかな春の風物ではあるが、同時に、桜は出会いと別れの象徴でもある。
美しく咲き誇った花も、いずれは散りゆくのが定め。無常。

2006年(平成18年)4月4日21時04分、最愛の父が亡くなった。
父は、土となって大地に還り、風となって空に舞い上がった。
父という「一」の存在は、森羅万象という「全」の存在に昇華した。

| | コメント (2)

2006年4月 2日 (日)

刑事魂 & THE CHOIRBOYS

Amazonに注文していたCDが今日届いた。
「刑事魂」と「THE CHOIRBOYS」の2枚。楽しみにしていた2枚。

刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト Music 刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト

アーティスト:テレビ主題歌,トランザム
販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2003/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「刑事魂」には名だたる刑事ドラマのテーマ曲や主題歌が収録されており、
聴いていると当時の熱い想いが甦ってくる。
太陽にほえろ!、俺たちの勲章、大都会、西部警察、あぶない刑事、
あいつがトラブル、刑事くん、非常のライセンス、Gメン'75、特捜最前線、
夜明けの刑事、二人の事件簿、噂の刑事トミーとマツ、熱中時代・刑事編、
大空港、大走査線。
ねっ、すごい顔ぶれでしょ。
今回の収録曲の中で特にお目当てにしていた曲は、
「新・二人の事件簿 暁に駆ける」の主題歌「暁に駆ける」牧美智子
でした。透きとおる声とせつない感じがとてもいい。

The Choirboys Music The Choirboys

販売元:UCJ
発売日:2006/01/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「THE CHOIRBOYS」は先日(3/19)紹介した奇跡のボーイ・ソプラノ・バンド、
クワイヤーボーイズのアルバム。
ボーナス・トラックに「アヴェ・マリア」(J.S.バッハ/グノー)が収録されている
と知れば、買わずにはおられまい。
心と体を包み込むように、心地よく浸透してくる優しい歌声。
きっと今ごろ、私の脳波はアルファ波に移行しているのだろうなあ。

| | コメント (0)

2006年4月 1日 (土)

帰京!

単身赴任で利用していた会社の寮を引き払い、本日、ついに、完全に、
京都へと帰って来た。
毎週月曜の朝、新幹線で名古屋へ向けて出発し、名古屋から勤務先の某市へは
名鉄で移動して出勤する。金曜の夕方、名鉄と新幹線を往路と同じように利用して
京都の自宅へと帰ってくる。ちょうど5年間、これを繰り返してきた。
長かったような、短かったような、今振り返ると不思議な感覚だ。
ふうー。まずは帰って来れてよかった。本当によかった。
これからは今まで以上に、日々を楽しみながら生きてゆくぞ!

とりあえず今日のところはこの程度で。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »