« 彼方の光(LIBERA) | トップページ | 生命の樹 »

2006年3月17日 (金)

日本、失点率で生き残る!

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次リーグ、
1勝2敗で並んだ日本、米国、メキシコの中から失点率で勝る日本が勝ち残り、
1位通過の韓国とともに準決勝進出を決めた。
まさに薄氷を踏むきわどい勝負であった。
米国を見事に打ち負かしてくれたメキシコに感謝!
しかし、メキシコのバレンズエラが放った右翼ポール直撃本塁打を二塁打と判定する
騒動があり、またもや米国の胡散臭さをアピールする結果となった。
またもやデビッドソン(今度は一塁塁審として)。どうなっているの?
2次リーグで敗退は、ど罰(どばち)が当たったのだよ、米国くん。
精進せいや、米国くん。

入院中の父の容態が昨日から思わしくなのだが、力強い勇気を分け与えてくれる
奇跡の勝利(準決勝進出)であった。
頑張れ日本! 負けるな王ジャパン!

|

« 彼方の光(LIBERA) | トップページ | 生命の樹 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。