« ニカラグアの香り、今日のエンディング | トップページ | 彼方の光(LIBERA) »

2006年3月13日 (月)

米国の傲慢野球に日本敗北

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次リーグで日本は米国と対戦、
9回二死満塁にロドリゲスから適時打を浴び、3-4でサヨナラ負けした。
力と技のぶつかり合いは見ごたえがあり、すばらしい試合ではあったが、
同時に米国の傲慢さが浮き彫りになる後味の悪い試合でもあった。

問題の場面は同点でむかえた8回表の日本の攻撃。
一死満塁のチャンス、岩村の左飛で三塁走者の西岡がタッチアップで本塁へ突入。
本塁返球よりかなり早くホームイン。
タッチアップが早かったとの米国側アピールを、三塁付近でプレイを見ていた
二塁塁審が却下するも、米国マルティネス監督の再抗議を受けたデビッドソン球審が
判定を覆し、結局タッチアップは無効(アウト)となった。
繰り返し再現されるビデオ映像で、タッチアップが正当であったことは明らか。
アウェイのゲームは不利と聞くが、ここまで露骨に依怙贔屓(えこひいき)する
お手盛り審判が罷り通るとは驚いた。
米国は未だに子供レベルのメンタリティしか持っていないということか。
いつになったらオムツがとれることやら。

|

« ニカラグアの香り、今日のエンディング | トップページ | 彼方の光(LIBERA) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。