« カントリー・ウォーク | トップページ | エキシビション、優美の舞! 荒川静香 »

2006年2月24日 (金)

荒川静香、金メダル獲得!

フィギュアスケート女子シングルで荒川静香が金メダルを獲得した。
ショートプログラムで3位だった荒川は、フリーの演技で最高得点を獲得し
サーシャ・コーエン(アメリカ)、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)を抑えて
見事に逆転優勝した。

オリンピック開幕前に、フリーの演技は一番大好きな曲であるトゥーランドットで
イナバウアーを組み入れたい、と荒川はコメントしていた。
新採点方式ではポイントに結びつかないイナバウアーであるが、自分の表現したい
演技を織り込んでいきたいと。
その顔には、ポイントを稼ぐことのみに躍起になっていたトゲトゲしい表情はなく、
心に迷いの無い人が見せる落ち着きが感じられた。
明鏡止水の如く、心静かな無念無想の境地。
何か大きなことをするなら荒川だ、と私は密かに思っていた。

フリーの演技は特に素晴らしかった。感動し、目頭が熱くなった。
技と優美さが見事に調和した、これぞ女子フィギュアの極み。
すらりとした肢体のしなやかさと美しさが芸術的に融合した究極の舞。
森羅万象を司る歯車がうまく噛み合ったが如き奇跡の瞬間。
そんな想いが脳裏をかけめぐった。

ところで、「イナバウアー」の定義は、「前後に開いた脚の左右のつま先を
180度外側に向け、片足を伸ばし、片足を曲げる、脚のポジションでの滑走」
を指すらしい。荒川が魅せる、背中を大きく反らして滑るスタイルは
「イナバウアー荒川スペシャル」ってところか。
なんとも優雅で美しい幽玄な世界。

おめでとう、荒川静香!
日本のみならず、世界に感動をありがとう!!

金メダル:荒川静香(日本)<191.34点(66.02+125.32)>
銀メダル:サーシャ・コーエン(アメリカ)<183.36点(66.73+116.63)>
銅メダル:イリーナ・スルツカヤ(ロシア)<181.44点(66.70+114.74)>

4位:村主章枝,15位:安藤美姫

|

« カントリー・ウォーク | トップページ | エキシビション、優美の舞! 荒川静香 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。