« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

ある日どこかで(Somewhere in Time)

時を超えた愛を、切なく、詩情豊かに描いた珠玉の映画を紹介。
ヤノット・シュワルツ監督の米国映画「ある日どこかで(Somewhere in Time)」。

クリストファ・リーヴ、ジェーン・シーモア主演で1980年公開の作品。
1970年代に活躍した劇作家リチャード・コリアー(クリストファ・リーヴ)と
1910年代に活躍した女優エリーズ・マッケナ(ジェーン・シーモア)を
つなぐ1枚の肖像写真。
写真の中で微笑むエリーズが、その笑みを向けている相手は誰か?
エリーズの微笑む表情が最高にすばらしく、美しい。

舞台初演を終えた新進の劇作家リチャードのもとに、ひとりの老婦人が訪ねてくる。
「帰ってきて」という言葉と金時計を残して立ち去る彼女。
8年後、リチャードは、あるホテルの資料室に飾られた一枚の肖像写真に出会い、
心を惹かれる。1912年にそのホテルで公演した女優エリーズ。
それは、8年前に会ったあの老婦人の若き日の姿だったのだ。
エリーズへの想いが募るリチャードは、時空を超えて彼女に会おうと試みる。
二人は再び出会うことができるのか? 二人の愛のゆくえは?
答えは、ぜひ自分の目で確かめていただきたい。

ストーリイもさることながら、ジョン・バリー作曲による音楽がすばらしい。
「映画音楽シアター」というラジオ番組(だったと思う)で
著名人が好きな映画音楽をリクエストするコーナーがあり、
その時に初めてメインテーマである"Somewhere in Time"という曲を聴いた。
映画のエンディングにも使われた、ロジャー・ウィリアムスのピアノが奏でる
美しい旋律を。
実は、"Somewhere in Time"という曲に魅せられたのが先で、
映画視聴の方が後だったのだ。
包み込む愛を感じる曲の調べ、迷いなく覚悟を決めた人の心象を表したような
曇り無く透きとおる旋律を聴き、映画に思いを馳せた。
この曲を聴いていると心が安らぎ、とても落ち着くことができた。

期待して見た映画は想像していた以上の内容で、大好きな映画のひとつになった。
公開から25年になるというのに、今も根強いファンが多く、
日本版サイトも公開されている。
http://www.ueda.ne.jp/~peg/

ある日どこかで DVD ある日どこかで

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music ある日どこかで オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2002/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年2月25日 (土)

シェイクスピア ヴィジュアル辞典

先週末は自宅で体調回復に努めていたため、久しぶりの本屋巡り。
オレンジポート太秦店を覗き、思わず目が合った標題の本を迷ったあげく購入。
ウィリアム・シェイクスピアの生涯と作品のすべてが手軽にわかるガイドブックで、
彼の全39戯曲が紹介・解説されている。
背表紙には、「この1冊で、
         世界でもっとも偉大な劇作家
           シェイクスピアのすべてがわかる。
                 写真や挿し絵がたっぷり。」
と書かれている。
帯には、「舞台の熱気がこの一冊に甦る」という蜷川幸雄の言葉が添えられている。
著者の意気込みを伝えてくれる力強い推薦の言葉だ。
不勉強で無知な私でも、いちから学んでいけそうな、そんな印象を受ける本。
頑張って読んでみよう! ちょっと高かったしね。

シェイクスピア ヴィジュアル事典 Book シェイクスピア ヴィジュアル事典

著者:レスリー ダントン=ダウナー,アラン ライディング
販売元:新樹社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

エキシビション、優美の舞! 荒川静香

パラヴェーラからの生放送で、フィギュア女子シングル金メダリスト荒川静香の
エキシビションを観た。
しなやかで優雅な、麗しい氷上の舞にうっとりと魅了された。
イナバウアー荒川スペシャル!
どうしてあんなに美しく綺麗な形を表現できるのだろう?
荒川が魅せてくれたトリノオリンピックの感動を我々は一生忘れないだろう。
ありがとう、荒川静香!

| | コメント (0)

2006年2月24日 (金)

荒川静香、金メダル獲得!

フィギュアスケート女子シングルで荒川静香が金メダルを獲得した。
ショートプログラムで3位だった荒川は、フリーの演技で最高得点を獲得し
サーシャ・コーエン(アメリカ)、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)を抑えて
見事に逆転優勝した。

オリンピック開幕前に、フリーの演技は一番大好きな曲であるトゥーランドットで
イナバウアーを組み入れたい、と荒川はコメントしていた。
新採点方式ではポイントに結びつかないイナバウアーであるが、自分の表現したい
演技を織り込んでいきたいと。
その顔には、ポイントを稼ぐことのみに躍起になっていたトゲトゲしい表情はなく、
心に迷いの無い人が見せる落ち着きが感じられた。
明鏡止水の如く、心静かな無念無想の境地。
何か大きなことをするなら荒川だ、と私は密かに思っていた。

フリーの演技は特に素晴らしかった。感動し、目頭が熱くなった。
技と優美さが見事に調和した、これぞ女子フィギュアの極み。
すらりとした肢体のしなやかさと美しさが芸術的に融合した究極の舞。
森羅万象を司る歯車がうまく噛み合ったが如き奇跡の瞬間。
そんな想いが脳裏をかけめぐった。

ところで、「イナバウアー」の定義は、「前後に開いた脚の左右のつま先を
180度外側に向け、片足を伸ばし、片足を曲げる、脚のポジションでの滑走」
を指すらしい。荒川が魅せる、背中を大きく反らして滑るスタイルは
「イナバウアー荒川スペシャル」ってところか。
なんとも優雅で美しい幽玄な世界。

おめでとう、荒川静香!
日本のみならず、世界に感動をありがとう!!

金メダル:荒川静香(日本)<191.34点(66.02+125.32)>
銀メダル:サーシャ・コーエン(アメリカ)<183.36点(66.73+116.63)>
銅メダル:イリーナ・スルツカヤ(ロシア)<181.44点(66.70+114.74)>

4位:村主章枝,15位:安藤美姫

| | コメント (0)

2006年2月19日 (日)

カントリー・ウォーク

春になったら少しはまじめに活動していきたいなあ。
カントリー・ウォーク!!
家を一歩(百歩?)出れば広沢池や嵯峨野の田園風景が広がり、
かつては嵯峨天皇も歩いたはずの「千代の古道(ちよのふるみち)」が
田園地帯を貫いている。
この辺りは歴史的風土保存地区に指定されており、元々歩き回るにはうってつけ。
少し足をのばせば嵐山や渡月橋に至る。

実際、昨夏の盆休みには毎朝約1時間の散歩を楽しんだ。
広沢池西岸の児神社(ちごじんじゃ)を起点に、遍照寺跡を経て竹林をくぐり、
後宇多天皇陵、嵯峨天皇陵、大覚寺、大沢池などの横を通過し、家に戻る。
途中、地元のお百姓さんが無人販売で分けてくれる取れたての野菜を買って帰る。
茄子は瑞々しかったし、丹波の黒豆の枝豆は最高にうまかった。
暖かくなったら頑張るぞ、カントリー・ウォーク!!

| | コメント (0)

晴耕雨読の日々

特別に何かするというわけでなく、日がな一日無為に過ごせて
とても贅沢な週末だった。
四季の移ろいとともに日々を自然体で過ごせたら、
少しは潤いのある人生を歩んでいけるのかもしれない。
過去でも未来でもなく、今現在を楽しむことがいちばん大切なのだな、と思う。

憧れの晴耕雨読の日々が、いずれ本当に訪れるのか?
(「雨読」に偏重しているようでは実現は無理か?)
まあ深いことは考えず、気楽に生きていくとしよう!

| | コメント (0)

みみずくの休息

この週末の土日は家にこもりっぱなし。
今が江戸時代なら閉門蟄居ってところか?

今週の水曜木曜に力尽きてしまった体力(というより気合い?)を回復するため、
家内から外出を禁止されたため。
金曜の夜あたりから、かなりのレベルまで快復はしていたのだが、
聞く耳持たぬ我が家の財務大臣には逆らえぬ。素直に従っておこう。

大好きな本屋巡りを控え、おとなしく、みみずくは休息をとりぬ。

| | コメント (0)

2006年2月18日 (土)

広沢池と渡月橋

地元である嵯峨嵐山の風景を2枚。
以前にデジカメで撮った写真をファイルの奥から引っ張り出してきた。
いいかげんに撮って、とっくに忘れていた存在だったけど、
あらためて見直すと妙に懐かしい。

1枚目は遍照寺山を望む広沢池。
かつて安倍晴明が立ち寄ったという遍照寺は広沢池の西のほとりにあったそうな。
(現在の遍照寺は広沢池を南に下った位置に在る。)
広沢池周辺の四季折々の眺めを写そうと試みたが、結局この一回の撮影で
終わってしまった。
D021103hirosawanoike_1
(遍照寺山を望む広沢池 021103撮影)

2枚目は嵐山の渡月橋。
嵯峨嵐山一帯を家内と一緒にウォーキングし、嵐電(京福電鉄嵐山線)嵐山駅の
足湯を楽しんだ時に撮ったもの。歩き回った足の疲れが癒される至福のひととき。
嵐山へ遊びに来られた方は、ぜひご堪能ください。
D050516togetsukyo

(中之島公園から観る渡月橋 050516撮影)

デジカメをもっとうまく活用できるよう、写真術を含めて頑張らないとね。

| | コメント (2)

フィールド・オブ・ドリームス

フィールド・オブ・ドリームス(FIELD OF DREAMS)は、
ケヴィン・コスナー主演の映画の中でもいちばん気に入っている作品。
いや、米国映画の中でもいちばんのお気に入りかもしれない。絶対のおすすめ。
野球はアメリカという国を支える大切なバックボーンのひとつなのだなあ、
と感じることのできる佳作!

"If you build it, he will come."(「それを造れば彼はやって来る」)
不思議な声に導かれてレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は
トウモロコシ畑の一部を野球場に造りかえる。その野球場に、
かつてブラックソックス事件で球界を追放されたシューレス・ジョーをはじめとする
ホワイトソックスの選手たちがゴーストとしてやってくる。
"Ease his pain."(「彼の心を癒せ」)
"Go distance!"(「最後までやり遂げよ!」)
さらに聞こえてくる心の声に従い、結果、関わる人々をひとりずつ癒していくが
自分にとって何の意味があるのか、と不満をぶちまけるレイ。
果たして、そこに現れたのはケンカ別れしたままだった亡き父の姿だった。
野球をやっていた頃の若くて瑞々しい父。
二人がキャッチボールしながら和解するラストシーンは、涙なくして見ることが
できななかった。

印象に残った名シーンを少し紹介。
・PTAの総会でネオナチの鼻をへし折ってやったと息巻くエイミー・マディガン演じる
 レイの妻アニー。
・ジェームズ・アール・ジョーンズ演じるテレンスマンの存在感ある演技。
 力強く艶のある、いい声!(ダース・ヴェイダーの声!)。
・野球選手ムーンライト・グラハムとして夢がかなう寸前にそれがついえた
 バート・ランカスター演じるドク・グラハムに対して悲劇だと訴えるレイ。
 しかし、そんなことは医者が遭遇する悲劇に比べたら話にならんと一蹴するドク。
 バート・ランカスターの渋い演技が光る。
・夢のかなったムーンライト・グラハムがドク・グラハムに戻るシーン。
 ドクはやはりチザムの街の人々を救ったドクター・グラハムだった!
・レイ・リオッタ演じるシューレス・ジョーが土 or 芝生の匂いを嗅ぎながら
 「野球はいい。他には何もいらない」と言うシーン。
 野球を純粋に愛する気持ちがにじみ出ていて、心に迫ってくるものがあった。
・エンディング、父子が和解するキャッチボールのシーン。

アメリカという国の一部であり、とても重要な地位にある「野球」を、
これほどまでに真摯に描いた映画があっただろうか?
大金を稼ぐための手段としてではなく、純粋に野球を愛する人々の在り方を
それぞれの目線・立場から表現していくことでアメリカを浮き彫りにしていく。
野球に係わる人々を丁寧に描いていくことでアメリカの心意気を訴えかけてくる
素晴らしい作品だと思う。
「"力(パワー)"こそアメリカだ!」を全面に打ち出す演出がほとんどを占める
米国映画の中で、とてもめずらしい作品でもある。
アメリカ流の「粋」を感じる。

音楽も良い。
特にメインテーマ曲が秀逸の出来。
叙情的で、優しくて、過去を回想させる不思議な力のある旋律。
音楽にも心を揺さぶられ、エンディングのキャッチボールシーンは
いつも画面がにじんでよく見えない。

....For Our Parents

フィールド・オブ・ドリームス DVD フィールド・オブ・ドリームス

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

カーリング女子、頑張れ!

メディアでの扱いが極めて地味なのが残念だが、カーリングがおもしろい。
スコットランドが発祥地で「氷上のチェス」と言われるカーリングは、
相手チームの戦略・出方を見ながら作戦を構築し、勝利へ向けて臨機応変に対応する
チームワークを要求される知的なスポーツだ。(トリノ五輪で初めて真剣に観戦。)
「ハウス」と呼ばれるサークルの中央よりに「ストーン」を止めたチームが
その「エンド」を制し、得点を得る。1試合で第10エンドまで競い合う。
トリノ五輪カーリング女子日本代表(チーム青森)の1次リーグ戦績は現在1勝3敗。
                        リード :目黒萌絵 or 寺田桜子
                        セカンド:本橋麻里
                        サード :林弓枝
                        スキップ:小野寺歩
  ・対ロシア戦  :●5-7
  ・対米国戦   :○6-5
  ・対ノルウェー戦:●4-9
  ・対デンマーク戦:●5-9
決勝トーナメントに進出するには、1次リーグ上位4チームに入る必要があり黄信号。
(1次リーグは10チームによる総当り戦。)
カナダ、スウェーデン、英国などの強豪との対戦がまだ残っている。
頑張れ日本! 負けるなカーリング娘たち!

余談。
チーム青森が美人揃いなのは知っていたが、今までの対戦相手チームも美人が多い。
美しい女性たちによる知的で静かな氷上の戦いに、熱い声援を送ろう!!

| | コメント (0)

力尽きた?

そんな大袈裟なことではないが、今週はダウンしてしまった。
仕事における賽の目が全て裏目に出た火曜日、
凹んで寮(平日は単身赴任中)に帰宅。
明くる水曜日、出社するも体調不良で早引き。さらに木曜日も沈没状態が続く。
結局、都合二日間を突発休暇で無為に過ごす。
頭痛、若干の咳、変動する脈拍、やや熱っぽい感覚、緩む腹具合。
風邪か?

風邪という名前の病気はなく、抵抗力(免疫力)が低下した時に持ちこたえられず
発症してしまう体調不良状態を総称して風邪と言う、と聞いたことがある。
打ち勝つだけの気合が足りなかったのか? とほほ。

| | コメント (0)

2006年2月12日 (日)

たまごパン

それは、特別な「たまごパン」というわけではなかった。
どこかのメーカーで量産されて普通のパン屋さんの店頭に並んでいる、
ありふれた「たまごパン」だった。
土曜の定時までの仕事を終えて帰宅した彼の父親が、昼食時に食べ残した
「たまごパン」をたまたま持って帰ってきたものだった。
当時はまだ、週休二日は一般的ではなかったのだ。

幼稚園児の彼と3歳年下の妹とが家の前で遊んでいると、夕日の中、手を振りながら
こちらに向かってくる父親が「おみやげ」だと言って「たまごパン」を差し出した。
彼と妹はそのパンを半分に分けて食べた。とてもおいしい、と彼は思った。
適度な甘さとふっくらとした卵の風味が口の中でバランスよく広がり、
夕食前の絶好のおやつとなった。
子供たちに好評を博しているさまを見た彼の父親は、以後しばらくの間、
「たまごパン」を定番のように持ち帰ってくるようになる。

小学校に上がった頃、母親からおつかいを頼まれた彼は、パン屋さんの店頭で
かの「たまごパン」を見かけた。
懐かしいあの味を想い出し、購入しようかと考えたが、彼は思いとどまった。
量産されているただのパンであったが、彼にとって「たまごパン」は
既に特別な存在であったから、金銭によって有限の価値に貶めることを嫌った。
「たまごパン」は、父親のみから与えられる無限の価値を有するもの、
と彼は考えたかったのだ。
その後、「たまごパン」は「サンライズ」という名の別のパンに取って代わられ、
店頭から姿を消した。

| | コメント (3)

黄白万能主義と品格

覚え書き。
贈収賄事件で大阪府教委の前教育監(教育監は教育長に次ぐポスト)らが逮捕された。
府立高校非常勤講師への採用で便宜を図った見返りに金品を受けとったためらしい。
出世競争に勝ち残り、組織のトップ集団に成り上がった者の、これがなれの果てか?

金さえあれば何でもできると考える黄白万能主義者は、何でも金で解決しようとする。
金の力を何よりも大切と考え執着する拝金主義者は、行動の拠所を金に求める。
彼ら成金趣味の輩に、品格は備わっていない。
たかが金品で揺れ動くことのない不動の信念と品格が、彼らには欠けていた。

「品格」
新明解国語辞典第六版(三省堂)によると、
1)節操の堅さ見識の高さや、態度のりっぱさ姿の美しさなどから総合的に判断される、
 すぐれた人間性。
2)品(ひん)のよさ。
とある。

| | コメント (2)

2006年2月11日 (土)

大人風(おとなかぜ)

子供に対して大人風を吹かせる、そんな大人にはなりたくない。
常々そのように考えている。

東京から田舎へ帰郷してきた人に対して、地元に土着している人が
「東京風(とうきょうかぜ)吹かせやがって!」と吐き捨てるシーンを
映画やテレビで見かけることがある。
垢抜けて帰ってきたその人に、チャラチャラしやがって、と。
大人風も同じもののような気がする。
子供から見れば「偉そうに、大人風吹かせやがって!」と。

人と人とが理解し合うには、共感できる何かが必要だと思う。
たとえそれが大人と子供の間であったとしても。
先に生まれた人生の先輩であるからとか、少し経験が多いからとか、
たかがその程度の理由で子供に対して偉そうな大人の顔を見せていないだろうか?
そんな大人風を吹かせることなく、ありのままに接したい。

ああ、姪っ子(小4)や甥っ子(小1)たちとはいつまで友達感覚でいられるかな?
大人風を吹かせないようにと自身に言いきかせる、ちょっと臆病な伯父ちゃんより。

| | コメント (0)

関東の笑い、関西の笑い

理由は知らないが、東西では笑いの質が異なるらしい。
笑いのポイントと言ったらいいのか、笑う対象が全く違う、と。
これを聞いた時には、思わず「なるほど」と唸ってしまった。
ちょっと整理してみると、
 ・関東:論理的におかしさを感じたときに笑う。
 ・関西:おかしな光景を具体的に想像して笑う。
といった感じかな。

具体的な例で説明しよう。
落語(だったと思うが)で一升瓶を持って「あんこ」を買いに出かけた小僧さんの話で、
関東の人と関西の人では笑いのポイントが異なるようだ。
  「おまえはアホか。なんで一升瓶を持って「あんこ」を買いに行ったんや」
  「どうりで店の人が困ってはったわ。一升瓶に「あんこ」は詰めにくいって」

関東の人は、一升瓶を持って「あんこ」を買いに行くという、そのマヌケさを
論理的に笑う。バカじゃないか、と。
関西の人は、お店の人が汗をかきながら一生懸命に、一升瓶に「あんこ」を詰めよう
と頑張っている光景を想像して笑う。
どう? あなたの笑いのポイントはどっち?

関西で笑いをとるには、おかしな光景をイメージできる具体性が必要なのだ!!

| | コメント (2)

2006年2月 6日 (月)

My Pace, My Way, My Life

スローライフでいこう、という声がだんだん大きくなってきているような気がする。
効率重視の資本主義(=市場競争至上主義)や黄白万能主義に振りまわされ、
心が疲れて体調をくずしてしまった人が、人間らしく生きていくための原点を
見なおそうとしているからではないだろうか?

「○○しなければならない」という呪文に縛られた閉塞感からの開放。
(○○には、仕事、勉強など様々な言葉があてはまる。)
競争意識もほどほどで良いではないか。
責任感もほどほどで良いではないか。
自分自身を縛る何物をも捨て去って、己が描く絶対的な価値観・不動の信念を持って
周囲に振りまわされないでいこう!

マイ・ペース(My Pace):自分のペースで
マイ・ウェイ(My Way):自分のやり方で
マイ・ライフ(My Life):自分の人生 → 自分の生き方で

これで少しは心の疲れがとれるかな?
不羈奔放に振舞い、隠棲して晴耕雨読の生活を営む。
これこそ、人生究極の自由かもしれない。

| | コメント (1)

人生で大切なことはただひとつ

「いつでも会える」(菊田まりこ著)を紹介したからだろうか?
1992年日本公開の米映画「シティ・スリッカーズ(CITY SLICKERS)」のことを
思い出した。

シティ・スリッカーズは、39回目の誕生日を迎えたミッチ(ビリー・クリスタル)が、
大人になって失ってしまった情熱や自信、前向きな姿勢を取り戻す物語。
それぞれも悩みを抱えた友人2人から「カウボーイ体験ツアー」を誕生日にプレゼント
される。気乗りしないミッチだが、妻の「もう一度笑顔を取り戻して帰って来て」
という言葉に後押しされ、友人2人と一緒にツアーへ参加する。

「カウボーイ体験ツアー」は、生粋の老カウボーイ、カーリー(ジャック・パランス)
に引率されてニューメキシコからコロラドへと250頭の牛を連れて大移動するという
本格的なもの。
3人は、牛追い(CATTLE DRIVE)の日々の中でさまざまな困難や体験を積んでいく。
そして、少しずつ心の中で何かが変わっていくのだ。

牛の出産の手助けをし、感動するミッチに対し、"生粋の老カウボーイ"、カ-リーは
「人生で大切なことはただひとつ(One thing)」と答える。
その大切なこと(One thing)の前では他の何であろうとどうでもかまわない、
と考えることができるほど大事なこと。
それは何かと尋ねるミッチに、カーリーは何も答えない。
ツアー途中でカーリーが永遠の眠りにつき、他の素人カウボーイたちはリタイヤして
いくが、3人は自分たちだけで「牛追い」を続行する。
さらなる困難に打ち勝ち、見事に目的を達成した3人は、
自分にとって「いちばん大切なこと」が何であるかを確信し、
家族の元へと帰って行く。

「人生で大切なこと」は人それぞれによって異なる。
それを見つけ出し、確認することができるのは、自分自身のみ。
自分にとっての"One thing"が何であるか、これからも問いかけていきたいと思う。

人生で最悪の日があれば、人生で最良の日もあるさ!!

シティ・スリッカーズ DVD シティ・スリッカーズ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

いつでも会える(菊田まりこ著)

歳を重ねるごとに緩んできた涙腺にとって、この絵本は最大の天敵かもしれない。
とても短いストーリイだけど、大切な人のことを想うピュアな心に満ち溢れていて、
気がつくと涙が流れ落ちている。

今、自分にとって大切な人と一緒に過ごす機会に恵まれている人は、
その幸せをさらに大切に生きて欲しい。
不幸にも永久(とわ)の別れが訪れている人は、目を閉じて幸せだった刻(とき)を
想い出して欲しい。
たとえ全てを失っても、いちばん大切な気持ちは自分の心の中にあるものだから。

いつでも会える Book いつでも会える

著者:菊田 まりこ
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年2月 5日 (日)

チェオクの剣 DVDプレミアBOX発売!

茶母嬖人(タモペイン)のみなさんに朗報!
「チェオクの剣 DVDプレミアBOX(初回限定生産)」の発売が決定したようです。
発売予定日は2006年4月28日とのこと。
私は早速Amazonに予約を入れました。
詳しい内容はAmazonの商品説明をご覧ください。
つい、嬉しくて宣伝してしまいました。

チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産) DVD チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年2月 4日 (土)

チェオクの剣、チェオクの最期

韓国ドラマ「チェオクの剣」が終了した。
<第14話・・・チェオクの最期(NHK-BS2:2006.02.02放送)>
第1話の冒頭とガイドブックでおおよその結末はわかっていたとはいえ、
やはり悲劇的な終わり方だった。(以下、ネタバレ含むので注意)

己が背負った運命に対し、常にストイックに向き合うチェオク、ファンボ・ユン、
ソンベクの3人は、彼らを取り巻く状況が今と異なっていれば、良い友人であり、
仲の良い兄妹であり、恋人同士になり得たかもしれない。
時代と状況と縁が、彼らの身に悲劇を招いたと言えるかもしれない。

自分の感情に従って、割と好き勝手に行動していたチェオクに対し、自らの立場や
チェオクとの関係に葛藤しながら行動していたファンボ・ユンとソンベクの二人の方が
興味深かった。次にどのような選択をし、行動するのかと。

タルピョンに捕えられたチェオクを救うために剣を投げつけるファンボ・ユン。
タルピョン絶命で砂金が海に沈みゆくさまを目の当たりにし激昂するソンベク。
そして、ソンベクの刃がファンボ・ユンを貫く。
命の灯火が消えようとするその瞬間、ファンボ・ユンはソンベクにチェオクこそが
ソンベク(チェム)の実妹であるチェヒであることを告げる。
この瞬間、自らの行く末には「死」しかないことをソンベクは強く確信した
のかもしれない。
第1話冒頭のシーンへと続き、悲しい結末を迎える。
しかし、兄と妹は、二度と離れることのないよう寄り添い、永遠の眠りに就いた。

最終回、少しストーリイが駆け足になった感は否めないが、
人の生き方について何か心に訴えかける素晴らしいドラマだった。

最後に。
最期までストイックで、しかしチェオクへの思いには心を乱され続けた
ファンボ・ユンがチェオクに向けて告げた魂の言葉で締めくくりたい。
「最期の時をともにできる縁をくれたお前に礼を言わせてくれ」

| | コメント (0)

夕凪の街 桜の国

「夕凪の街 桜の国」(こうの史代著)を読んで。

ポツダム宣言受諾によって戦争は終わったが、原爆によって傷つけられた
市井の人々は何十年の時を経ようと完全に癒されることはない。
原爆によって負わされた物理的な「傷」は、心に受けた「傷」とともにゆっくりと、
しかし確実に主役たちを苦しめていく。
作者はそのありさまを丁寧に描写し、我々の心に静かに訴えかけてくる。
派手さはないが、戦争・原爆・それに苦しむ人々のありのままを真摯に描いている
佳作だと思う。

忘れてはならない。
いかに理由があろうとも、国家(国民)の思惑や都合を大義名分(正義)に
すり替えてはならない。
そのような利己的な理由で動いてはならない。
また、正義を振りかざす国に対しては教え諭さなければならない。
二度と同じ過ちを引き起こさないために。

夕凪の街桜の国 Book 夕凪の街桜の国

著者:こうの 史代
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »