« 実家で新年の顔合せ | トップページ | 「エイリアン通り」(成田美名子) »

2006年1月 4日 (水)

則天去私

正月休みも本日で終わり。
明日からまた、仕事が始まる。

2006年の始まりにあたり、自分を戒めるためにも夏目漱石の言葉「則天去私」を
あらためて肝に銘じておこう。
<則天去私>
岩波書店の「広辞苑」第三版によると、
*** 夏目漱石の最晩年のことば。小さな私を去って自然にゆだねて生きること。
*** 宗教的な悟りを意味するとも考えられている。また、創作上、
*** 作家の小主観を挟まない無私の芸術を意味したものだとする見方もある。
とある。
在家でありながら宗教的悟りの境地に達した漱石は、やはりすごい人物だと思う。
漱石の思索の冴えは小説よりもエッセイや随筆の方によく表れている。
彼ほど日本の先行きが見えてしまって、それを憂いた作家はいない。
特に「硝子戸の中」には漱石のそういう想いが色濃く滲み出ており、何度読んでも
目から鱗が落ちる思いだ。

硝子戸の中 Book 硝子戸の中

著者:夏目 漱石
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ああ、佳人薄命、好事魔多し、楽しく平和な時は長くは続かない。
みみずくの休暇は終わりぬ。

|

« 実家で新年の顔合せ | トップページ | 「エイリアン通り」(成田美名子) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。