« スティルウォーター(Still Water) | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

2006年1月29日 (日)

博士の愛した数式(映画)を見た!

昨夜、TOHOシネマズ二条のレイトショーで「博士の愛した数式」を見た。
良かった。原作を少しアレンジし、さらに素晴らしいドラマに仕上がっていた。
今を生きること、今を楽しむこと、そして今を愛すること。
その大切さが、静かに、しかし確実に心に染み入ってくるような、そんな映画だった。

小泉堯史監督は、かの黒澤明監督に師事し、長年助手を務めた経歴の持ち主で
映画界の王道を見てきた人物。
初監督作品であった「雨あがる」は、クロサワの系譜を色濃く受け継いだ、
力強くて清々しい出来の作品であったが、2作目の「阿弥陀堂だより」では
さらに優しさが加わった作品に仕上がっていた。
監督3作目(脚本・監督)となる本作品でも、人を見つめる彼の優しい目線が
よく表れていた。

実は、小川洋子原作の「博士が愛した数式」が映画化されると聞いた時には、最初は
特に見に行くつもりはなかった。ベストセラーだから映画化するという最近流行りの
短絡的な図式が見え隠れする気がしたから。
が、小泉が監督すると知って考えが変わった。
彼の「脚本・キャスティング・演出」で描き出される「博士が愛した数式」を
是非とも見たいと思った。

(以下、若干のネタバレ含むので注意)
後に高校の数学教師になったルート(演じるは吉岡秀隆)が、80分しか記憶を維持する
ことができない博士(寺尾聰)、ルートの母である家政婦(深津絵里)、
妖しさを秘めた博士の義姉で未亡人(浅丘ルリ子)らとのエピソードを、
生徒たちに回想を語るかたちで振りかえっていく構成はウマイと思った。
数字と数式を愛する博士は、人生の重要なキーワードをルートや家政婦に対して
数学を通して伝えていく。
数学で真理を求め解答が得られても、生きていくことに直接役立つわけではない。
重要で大切なことは目に見えない。それは「人が心で感じるもの」であるということを。
回想を語るルートにはこれら博士の想いが脈々と受け継がれており、それを生徒たちに
伝えていこうとする姿はとても温かくて優しい。

「雨あがる」、「阿弥陀堂だより」に引き続き主役を演じる寺尾聰は、やはりスゴイ。
とぼけた表情、遠くを見つめる表情、真剣な表情、温かい表情、厳しい表情、
そして優しい表情を巧みに使い分け、愛されるべき博士像を創り上げていた。
深津絵里も利発的で清々しく、ちょっとお茶目で一生懸命な家政婦を好演していたし、
浅丘ルリ子もその存在感で影のある未亡人を怪演していた。
四季折々の情景(といっても冬の終わりから春にかけて)も美しく、日本の風景が
丁寧に描写されていた。

久しぶりに良い映画に出会うことができ、ささやかな幸福感に浸りながら
眠りにつくことができた。
また、もう一度、原作を読みかえしてみようかな、と一夜明けて思っている。

博士の愛した数式 Book 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

博士の愛した数式 Book 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スティルウォーター(Still Water) | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

コメント

映画「博士の愛した数式」は、
清々しくて心温まる、そして涙の止まらない素敵な映画でした。
URLは同映画のクチコミ応援サイトです。よろしくお願いします。

投稿: ヒカル | 2006年2月 5日 (日) 08時19分

コメントありがとうございます。
静かな感動が心に強く残る、本当に良い映画ですよね。
多くの人に見てもらえるよう応援していきたいですね。
またお越し下さい。

投稿: たお | 2006年2月 5日 (日) 19時37分

TBありがとう。
ルリ子「怪演」ですか(笑)
最初は、痛々しかった未亡人ですが、最後のキャッチボールをする博士とルートを杏子と一緒に見守っている姿をみて、ほっとしましたね。

投稿: kimion20002000 | 2006年5月23日 (火) 15時41分

kimion20002000さん、いらっしゃい。
ルリ子さん、なんとも妖しい不思議な存在感でしたよね。
(「怪」ではなくて「妖」の方がよかったかな?)
また、おいでください。

投稿: たお | 2006年5月23日 (火) 21時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« スティルウォーター(Still Water) | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »