« 「陰陽師」(夢枕獏) | トップページ | 大覚寺の除夜の鐘を聞きながら »

2005年12月31日 (土)

久保田早紀の愁いを秘めた美しい声

久保田早紀のCDを聴きながら、2005年最後の日の午後を過ごしている。
彼女の声は、きれいに澄んだ中に少し悲しげな愁いを秘めているようで
心の奥にゆっくりと浸透していくやさしさがある。
心地よい調べとやさしい声によって、曲の表す心象風景が具体的なイメージとなって
頭の中に映しだされていく感じ。
特にファーストアルバム「夢がたり」には彼女らしさがよく表れており
素晴らしい出来となっている。

私の特にお気に入りは...。
アルバム「夢がたり」から、「朝」、「異邦人」、「帰郷」、「星空の少年」。
アルバム「天界」から、「天界」。
アルバム「SAUDADE」から、「異邦人(別バージョン)」、「サウダーデ」。
他にも良い曲はたくさんあるし好きな曲もあるけど、上記は特に好きかな?

夢がたり Music 夢がたり

アーティスト:久保田早紀
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:1990/09/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近は本名(?)の久米小百合で教会音楽家としてチャリティコンサートなどの
活動をされているらしい。
久米小百合でのアルバム「hajime no hi」の中の「とおきくにや」や「Hikari」も
とても心地よくて良い曲。

はじめの日 Music はじめの日

アーティスト:久米小百合,Sayuri Kume
販売元:ミディ
発売日:2000/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「陰陽師」(夢枕獏) | トップページ | 大覚寺の除夜の鐘を聞きながら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。