« 「宮廷女官 チャングムの誓い」 | トップページ | 「蜘蛛の糸」 »

2005年12月29日 (木)

「独眼竜政宗(NHK大河ドラマ)」

大河ドラマはかくあるべし。NHK大河ドラマ史上稀にみる傑作。
脚本・キャスティング・演出の全てが最高レベルを維持しており、
役者達の演技力も申し分ない。
なんとも豪華な顔ぶれで、NHK大河ドラマの面目躍如といったところか?

まず、オープニングの演出が最高に格好いい。
政宗以下、伊達の武将たちが歴史のタイムトンネル潜り抜けて現代へお目見え
するが如き光の映像と池辺晋一郎のテーマ曲がとてもマッチしている。
勇ましく威厳がありながら、統治者の孤高な姿と憂いも表現されているようで、
NHK大河史上で随一の名曲だと今でも思っている。
これが欲しくて、NHK大河ドラマ主題曲集のCD(春日局)を購入した覚えがある。

NHK大河ドラマ主題曲集 Music NHK大河ドラマ主題曲集

アーティスト:TVサントラ
販売元:ポリドール
発売日:1996/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

伊達政宗演じる渡辺謙が良い。
「伊達男」の語源になるにふさわしい格好良さと、人間くさい情感溢れる演技を
見事に熱演している。
母に毒殺されかかる場面、お家騒動の禍根を断つため弟を討つ場面、
伊達家のために父を撃つ場面、白装束で秀吉の前に参上する場面。
彼の演じる政宗を越える伊達政宗は、今後も考えられないだろう。

|

« 「宮廷女官 チャングムの誓い」 | トップページ | 「蜘蛛の糸」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。